生年月日データベース

岸信介きしのぶすけ

政治家内閣総理大臣[日本]

1896年 11月13日

1987年 8月7日 死去享年92歳
岸信介 - ウィキペディアより引用

岸 信介(きし のぶすけ、1896年〈明治29年〉11月13日 - 1987年〈昭和62年〉8月7日)は、日本の政治家、官僚。
1957年から1960年まで内閣総理大臣(第56・57代)を務めた。
位階勲等は正二位大勲位。
出生名は佐藤 信介(さとう のぶすけ)。
他満洲国総務庁次長、商工大臣(第24代)、衆議院議員(9期)、自由民主党幹事長(初代)、自由民主党総裁 (第3代) 、外務大臣(第86・87代)、内閣総理大臣臨時代理、皇學館大学総長 (第2代) を歴任した。
東洋パルプ、日本再建連盟の会長も務めた。
A級戦犯被疑者として収監されるが、不起訴となったのち米国CIA(中央情報局)のエージェントとして活動し、戦後にも権力を得た。
1964年から1972年まで内閣総理大臣を務めた佐藤栄作の兄。

岸信介さんが誕生してから、127年と196日が経過しました。(46583日)
亡くなってから、36年と296日が経ちました。(13445日)
33138日間 生きました。