生年月日データベース

森田実もりたみのる

政治評論家[日本]

1932年 10月23日 生 (満87歳)

森田 実(もりた みのる、1932年〈昭和7年〉10月23日 - )は、日本の政治評論家。
株式会社森田総合研究所代表取締役。
妻の甥は、医師で民主党前衆議院議員の石森久嗣。
静岡県伊東市出身。
伊東西小、伊東北中、相洋高を経て東京大学工学部鉱山学科卒業。
尚、弟も東大出身であり、地元伊東市では名家として知られている。
在学中に日本共産党に入党し、香山健一、島成郎、生田浩二、青木昌彦らとともに全日本学生自治会総連合の指導部を形成した。
破壊活動防止法反対闘争(1952年)、原水爆禁止運動(1955年)、砂川闘争(1957年)、安保闘争(1958年〜1960年)などに携わる。
その後、日本共産党幹部と殴り合いを演じて共産党を除名されると、1958年、多くの学生党員らと共に共産主義者同盟(ブント)を結成し、主に労対関係の任に当たっていた。
その後、日本評論社出版部長、『経済セミナー』編集長を経て、1973年からフリーの政治評論家として活動。
東日本国際大学客員教授も務める。
2004年7月、著作本『公共事業必要論』の記念講演会を二階俊博が代表を務める自由民主党の派閥「新しい波」が主催し、「新しい波」から寄付も得た。

関連商品