生年月日データベース

福田康夫ふくだやすお

政治家内閣総理大臣[日本]

1936年 7月16日 生 (満87歳)

福田康夫 - ウィキペディアより引用

福田 康夫(ふくだ やすお、1936年〈昭和11年〉7月16日 - )は、日本の政治家。
衆議院議員(7期)、内閣官房長官(第67・68・69代)、沖縄開発庁長官(第41代)、内閣府特命担当大臣(男女共同参画担当)、自由民主党総裁(第22代)、内閣総理大臣(第91代)を歴任した。
東京府東京市生まれで、群馬県高崎市育ち。
大学卒業後、丸善石油株式会社に勤務し17年余りサラリーマン生活を送っていたが、40歳で退社し、政界入りする。
父である福田赳夫の秘書を14年間務めた後、1990年(平成2年)の第39回衆議院議員総選挙において旧群馬3区から出馬し初当選を果たす。
第2次森内閣において内閣官房長官に抜擢され、続く小泉内閣でも官房長官を務めた。
2004年(平成16年)、自身の年金未納が発覚したため、3年半余り務めた官房長官の職を引責辞任。
在任期間は1289日、内閣官房長官として当時歴代最長在任記録を残した(2016年7月、第2次安倍内閣で内閣官房長官に就任した菅義偉に抜かれ、歴代2位となる)。
ポスト小泉の候補として、安倍晋三の対立候補として総裁選への立候補が注目されたが、結局出馬しなかった。
2007年(平成19年)9月、安倍の突然の辞任劇の中、当初、後継総裁の最有力と見られた麻生太郎を抑え、自民党の大多数の派閥の支持を背景に2007年自由民主党総裁選挙に立候補する。
麻生を破り、第22代自由民主党総裁に選出され、第91代内閣総理大臣に就任。
史上初の親子二代での総 ……

推定関連画像

福田康夫さんが誕生してから、87年と282日が経過しました。(32059日)