生年月日データベース

河野一郎こうのいちろう

政治家[日本]

1898年 6月2日

1965年 7月8日 死去大動脈瘤破裂享年68歳
 - ウィキペディアより引用

河野 一郎(こうの いちろう、1898年〈明治31年〉6月2日 - 1965年〈昭和40年〉7月8日)は、日本の政治家。
副総理、日本自由党幹事長、自由民主党総務会長。
昭和中期の政界実力者の一人。
春秋会(河野派)会長、領袖。
自由民主党の党人派の代表格として権勢を誇り、その政治行動は「横紙破り」 と呼ばれた。
農林大臣、建設大臣、経済企画庁長官、行政管理庁長官、副総理、国務大臣(東京五輪担当)を務めた。
また、地元神奈川県県政にも強い影響力を持ち、県は「河野王国」とも呼ばれた。
栄典は従二位勲一等旭日桐花大綬章。
参議院議長を務めた河野謙三は実弟。
衆議院議長、外務大臣、自由民主党総裁、新自由クラブ代表を務めた河野洋平は次男。
外務大臣・防衛大臣を務め、現在規制改革担当大臣を務める衆議院議員、河野太郎は孫にあたる。

関連商品

河野一郎さんが誕生してから、123年と107日が経過しました。(45033日)
亡くなってから、56年と72日が経ちました。(20526日)
24507日間 生きました。