生年月日データベース

立花隆たちばなたかし

ジャーナリスト[日本]

1940年 5月28日

2021年 4月30日 死去急性冠症候群享年82歳
 - ウィキペディアより引用

立花 隆(たちばな たかし、本名:橘 隆志 1940年〈昭和15年〉5月28日 - 2021年〈令和3年〉4月30日)は、日本のジャーナリスト、ノンフィクション作家、評論家である。
執筆テーマは、生物学、環境問題、医療、宇宙、政治、経済、生命、哲学、臨死体験など多岐にわたり、多くの著書がベストセラーとなる。
その類なき知的欲求を幅広い分野に及ばせているところから「知の巨人」のニックネームを持つ。
1974年、月刊『文藝春秋』に「田中角栄研究~その金脈と人脈」を発表し、田中角栄首相失脚のきっかけを作り、ジャーナリストとして不動の地位を築く。
2007年暮れ、膀胱がんの手術を受けるが、その後も世界の最前線の研究者たちを取材し、がんの正体を根源的に見つめ直す活動を続けた。

関連商品

立花隆さんが誕生してから、81年と117日が経過しました。(29702日)
亡くなってから、145日が経ちました。
29557日間 生きました。