生年月日データベース

須賀敦子すがあつこ

作家[日本]

1929年 2月1日 生 (満90歳)

須賀 敦子(すが あつこ、1929年1月19日 - 1998年3月20日)は、日本の随筆家・イタリア文学者。 従兄弟に考古学者で同志社大学名誉教授の森浩一がいる。

20代後半から30代が終わるまでイタリアで過ごし、40代はいわゆる専業非常勤講師として過ごす。
50代以降、イタリア文学の翻訳者として脚光を浴び、50代後半からは随筆家としても注目を浴びる。

大手の水道工事業者の家に生まれる。
カトリック系の学校に通い、後にカトリックに入信。
教会での活動に打ち込みながら聖心女子大で学んだ後、慶應義塾大の修士課程に進学。
フランスの神学にあこがれてパリ大に留学する為に慶應を中退するも、パリの雰囲気が肌に合わず、次第にイタリアに惹かれるようになる。
1954年の夏休みにはペルージャでイタリア語を学び、イタリアへの傾倒を決定的なものとする。
26歳の時に一旦日本に戻るが、29歳の時に奨学金を得てローマに渡る。
この頃からミラノのコルシア書店関係の人脈に接するようになる。

関連書籍

すが-あつこ 1929-1998昭和後期-平成時代のイタリア文学者,随筆家。昭和4年2月1日生まれ。フランス,イタリアに留学し,イタリア人と結婚。昭和46年夫の死去で帰国。上智大教授となり,13年間のイタリア生活を回想した「ミラノ霧の風景」で平成3年女流文学賞,講談社エッセイ賞。平成10年3月20日死去。69歳。兵庫県出身。聖心女子大卒。訳書にタブッキ「インド夜想曲」など。 (引用元 コトバンク)