生年月日データベース

徳川宗春とくがわむねはる

尾張藩主[日本]

(元禄9年10月26日生)

1696年 11月20日

1764年 11月1日 死去享年69歳
 - ウィキペディアより引用

徳川 宗春(とくがわ むねはる)は、江戸時代中期の大名。
尾張徳川家第7代当主・第7代尾張藩主。
尾張藩主前は御連枝である大久保松平家当主(陸奥梁川藩主)。
尾張藩主就任時に規制緩和政策をとった宗春は、質素倹約策の8代将軍徳川吉宗とよく対比されるが、幕府が元文の改鋳で金融緩和をした際には、尾張藩では引き締め政策を行っており、単純な規制緩和ではなかった。
歴代藩主と同様、尾張藩主就任後に吉宗から「宗」の偏諱を授かって「宗春」と改名した(後述)。
改名前の諱は兄徳川吉通の「通」の字を得て通春。

徳川宗春さんが誕生してから、324年と304日が経過しました。(118645日)
亡くなってから、256年と324日が経ちました。(93828日)
24817日間 生きました。