生年月日データベース

中島丈博なかじまたけひろ

脚本家[日本]

1935年 11月12日 生 (満83歳)

中島 丈博(なかじま たけひろ、1935年11月12日 - )は、日本の脚本家、小説家、映画監督。
京都府生まれ、高知県中村市(現・四万十市)育ち。
1935年-1989年 父は日本画家の中島敬朝。
京都で生まれ、太平洋戦争の影響で1945年に 高知県中村市へ疎開。
そこでプライバシーが筒抜けな地元住民の生活に衝撃を受け、それが作風にも影響を与えたと語っている。
この頃のことは『野蛮な詩』(疎開後の小学生時代)、『郷愁』(中学時代)、『祭りの準備』(20代、上京まで)で小説・映画化している。
1954年に高知県立中村高等学校を卒業。
高知相互銀行に就職し三年ほど勤務する。
その頃からシナリオを書き始め、映画雑誌のシナリオ懸賞に応募したりしていたが、シナリオ作家協会設立のシナリオ研究所(現:シナリオ講座)の発足を知ると退職して両親の猛反対を押し切り1957年に上京し、シナリオ研究所に第1期生として入所。

脚本家。映画監督。 1935年(昭和10年)11月12日、生まれ。 1961年の映画「南の風と波」。以後、映画、テレビドラマを多数発表する。主な映画作品に「赤ちょうちん」、主なテレビドラマ作品に、東海テレビ制作の『真珠夫人』『牡丹と薔薇』、NHK大河ドラマ「草燃える」「炎立つ」「元禄繚乱」、ほかに「蔵」「永遠の仔」。毎日映画コンクール脚本賞他受賞。 (引用元 Hatena Keyword)