生年月日データベース

向田邦子むこうだくにこ

脚本家作家[日本]

1929年 11月28日

1981年 8月22日 死去墜落事故享年53歳
向田邦子 - 脚本家、作家

向田 邦子(むこうだ くにこ 1929年(昭和4年)11月28日 - 1981年(昭和56年)8月22日)は、日本のテレビドラマ脚本家、エッセイスト、小説家。
第83回直木賞を受賞。
週刊誌のトップ屋時代は幸田 邦子名義で執筆していた。
共同ペンネーム「葉村彰子」の一員でもある。
父親の転勤で全国を転々とするが、本人は鹿児島時代が文学の原点と語った。
実践女専国語科を卒業後、映画雑誌の記者を経て、ラジオ・テレビの台本・脚本を書く。
『七人の孫』『寺内貫太郎一家』等、自分の実感をもとに庶民の生活を温かくかつその暗部をも描いて「ホームドラマの旗手」といわれた。
1980年短編連作『花の名前』『かわうそ』『犬小屋』(後に作品集『思い出トランプ』に所収)で直木賞受賞。

推定関連画像

向田邦子さんが誕生してから、94年と95日が経過しました。(34429日)
亡くなってから、42年と193日が経ちました。(15534日)
18895日間 生きました。