生年月日データベース

細川ガラシャほそかわがらしゃ

細川忠興の正室[日本]

(明智光秀の三女、永禄6年生)

1563年

1600年 8月25日 死去刺殺享年38歳
細川ガラシャの辞世
散りぬべき 時知りてこそ 世の中の 花も花なれ 人も人なれ
 - ウィキペディアより引用

細川 ガラシャ(伽羅奢、迦羅奢) / 明智 玉(子)(明智 珠(子))(ほそかわ ガラシャ / あけち たま(たまこ)、永禄6年(1563年)- 慶長5年7月17日(1600年8月25日))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての女性。
明智光秀の三女で細川忠興の正室。
諱は「たま」(玉/珠)または玉子(たまこ)。
法名は秀林院(しゅうりんいん)。
キリスト教徒(キリシタン)。
子に、於長(おちょう:前野景定正室)、忠隆、興秋、忠利、多羅(たら:稲葉一通室)などがいる。

関連商品

亡くなってから、421年と21日が経ちました。(153791日)