生年月日データベース

細川ガラシャほそかわがらしゃ

細川忠興の正室[日本]

(明智光秀の三女、永禄6年生)

1563年

1600年 8月25日 死去刺殺享年38歳
細川ガラシャの辞世
散りぬべき 時知りてこそ 世の中の 花も花なれ 人も人なれ
 - ウィキペディアより引用

細川 ガラシャ(伽羅奢、迦羅奢) / 明智 珠(明智 玉)(ほそかわ ガラシャ / あけち たま、永禄6年(1563年) - 慶長5年7月17日(1600年8月25日))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての女性。
明智光秀の三女で細川忠興の正室。
諱は「たま」(珠、玉)または玉子(たまこ)。
キリスト教信徒(キリシタン)として有名。
子に、於長(おちょう:前野景定正室)、忠隆、興秋、忠利、多羅(たら:稲葉一通室)などがいる。
明治期にキリスト教徒らが彼女を讃えて「細川ガラシャ」と呼ぶようになり、現在でも広くこのように呼ばれる場合が多い。
生涯 忠興に嫁ぐ 永禄6年(1563年)、明智光秀と妻・煕子の間に三女(四女説もある。
ただしこの場合、長女と次女は養女であり、実質は次女となる)として越前国で生まれる。
天正6年(1578年)、15歳の時に父の主君・織田信長のすすめによって細川藤孝の嫡男・忠興に嫁いだ。
珠は美女で忠興とは仲のよい夫婦であり、天正7年(1579年)には長女が、同8年(1580年)には長男(細川忠隆、後の長岡休無)が2人の間に生まれた。

関連商品