生年月日データベース

浅井長政あざいながまさ

戦国大名[日本]

(天文14年生)

1545年

(ユリウス暦) 1573年 9月26日 死去自刃享年29歳
 - ウィキペディアより引用

浅井 長政(あざい ながまさ、旧字体表記:淺井 長政)は、戦国時代の武将。
北近江の戦国大名。
浅井氏の3代目にして最後の当主。
浅井氏を北近江の戦国大名として成長させ、北東部に勢力をもっていた。
妻の兄・織田信長と同盟を結ぶなどして浅井氏の全盛期を築いたが、後に信長と決裂して織田軍との戦いに敗れて自害。
浅井氏は滅亡した。
官位は贈従二位中納言(徳川家光の外祖父にあたるため、死後の寛永9年(1632年)9月15日に贈られた)。

関連商品