生年月日データベース

村中恭兵むらなかきょうへい

プロ野球選手[日本]

1987年 10月25日 生 (満32歳)

 - ウィキペディアより引用

村中 恭兵(むらなか きょうへい、1987年10月25日 - )は、東京ヤクルトスワローズに所属するプロ野球選手(投手)。
プロ入り前 小学校2年生時に、「中津リバーズ」で一塁手として野球を始める。
中学時代は相模原南シニアに所属。
左投げが買われ、一塁手と投手を兼任した。
2003年に東海大甲府高校に進学、村中秀人監督の下でプレー。
その年の夏に、夏の甲子園に出場したが、村中はベンチ入りしたのみで登板はなかった。
同校は2004年にも甲子園に出場しているが、村中は高校2年時の夏は故障明けで、ベンチからも外れている。
2年秋からエースを務めたが、3年夏の山梨県大会では三回戦でその年県代表となった日本航空高校に敗れた。
結果として村中本人は、甲子園での登板はならなかった。
2005年高校生ドラフト1巡目で、東京ヤクルトスワローズに指名された。
結果としては単独指名となったが、プロ全12球団から調査書が届いていた。
担当スカウトの鳥原公二が「辻内が『剛』なら、村中は『柔』。
器用でコントロールが良く、将来性は十分」と評するなど、即戦力ではなく素材として高評価が集まっていた。

関連商品