生年月日データベース

大田泰示おおたたいし

プロ野球選手[日本]

1990年 6月9日 生 (満29歳)

大田泰示 - ウィキペディアより引用

大田 泰示(おおた たいし、1990年6月9日 - )は、広島県三次市出身の読売ジャイアンツに所属するプロ野球選手(外野手、内野手)。
プロ入り前 三次高校で投手だった父の影響を受け、福山市立川口小学校1年の時にソフトボールを始める。
5年からは軟式野球クラブ鞆古城クラブでプレー。
福山市立城南中学校2年時に秋の県大会で優勝。
中学時代の所属クラブである松永ヤンキースでは上本崇司がおり、中学2年の時は三遊間、3年時はバッテリー(大田が投手)を組んでいた。
同年に元プロ野球選手が指導する野球教室に参加し、原辰徳からスイングを褒められたことで原の母校である東海大相模高校への進学を決める。
東海大相模では1年春から三塁手としてベンチ入り。
1年秋には4番に座り、2年秋からは主将を務めた。
3年春に遊撃手に転向。
3年夏の第90回全国高等学校野球選手権北神奈川大会決勝では大会新記録となる5本目のホームランを放った。
甲子園出場は果たせなかったものの、高校通算本塁打65本(うち満塁本塁打5本)、推定140メートル弾を放つパワー、投手として最速147km/hの地肩の強さ、ジーターを彷彿とさせる大型遊撃手であることなどから、ドラフト上位候補としてスカウトの注目を集めた。

関連書籍