生年月日データベース

宅八郎たくはちろう

おたく評論家[日本]

1962年 8月19日 生 (満57歳)

宅 八郎(たく はちろう、本名:矢野守啓〈やの もりひろ〉)、1962年8月19日- )は日本の自称「オタク評論家」である(自分のためだけに考案した肩書きで、生涯現役と書いている)。
ペンネームはたこ八郎をもじったもの。
物書きであり、ホストかつアドバタイジング・ディレクター、また、ミュージシャン、DJ、とび職としての顔ももつ。
「宅八郎」以前 静岡県浜松市出身。
浜松南高校卒業。
法政大学社会学部卒業。
元々漫画少年で、大学時代は「漫画研究会」に所属していた。
就職活動を背広姿にバルタン星人の着ぐるみをかぶってを行ってマスコミの注目を集め、報道で取り上げられたこともあるという。
テレビ用広告宣伝の製作会社に就職し蚊取線香の宣伝に出演したが対人関係の問題から辞職に追い込まれ、フリーライターとなる。
1983年から、無署名で執筆者としての活動を開始し、女子高生向け雑誌の「プチセブン」などにも寄稿していた。
この頃には中森明夫、野々村文宏、田口賢司の「新人類三人組」に続く「新・新人類」というキャッチコピーを石丸元章、菅付雅信との3人でつけられかける(中森明夫は『「おたく」の研究』という雑誌記事の筆者で、当時宅とは親密な付き合いであった)。

関連商品