生年月日データベース

上祐史浩じょうゆうふみひろ

オウム真理教幹部、宗教団体ひかりの輪代表[日本]

1962年 12月17日 生 (満56歳)

上祐 史浩(じょうゆう ふみひろ、1962年(昭和37年)12月17日 - )は、元受刑者、ひかりの輪代表。
アーレフ(現Aleph・旧オウム真理教)元代表。
オウム真理教信者としての名前(ホーリーネーム)は、マイトレーヤだった。
教団内では「外報部長」等の役職でスポークスマンの役割を果たす。
得意とする堪能な英語力と口八丁で巧みに詭弁を弄することから「ああいえば、上祐」といわれた。
オウム真理教では、男性の中で佐伯一明(後の岡崎一明・宮前一明)に次いで二番目の成就者であった。
オウム真理教時代に幹部の中で麻原彰晃に「NO」といえるのは上祐だけといわれた。
のちにロシア支部長に赴任するが、これはこのことが災いしての左遷といわれた。
福岡県三潴郡城島町(現・久留米市)で銀行員の父と元教師の母の間に生まれる。
その後、父親が東京の貿易会社に転職し、一家で上京するが、父親の女性問題によって離婚、母子家庭となる。
早稲田大学高等学院、早稲田大学理工学部を経て、1987年早稲田大学大学院理工学研究科修士課程を修了し、同年4月に特殊法人宇宙開発事業団(現:独立行政法人宇宙航空研究開発機構)に入る。

関連書籍

宗教団体「ひかりの輪」代表。 宗教団体アーレフ前代表。 1962年生まれ。福岡県出身。1978年、早稲田高等学院入学。1981年、早稲田大学理工学部進学。同大大学院を経て、1987年、宇宙開発事業団入社。 オウム真理教(当時の「オウム神仙の会」)には1986年に入信。その後出家し、外報部長、ロシア支部長、緊急対策本部長などを務める。 1995年、逮捕・起訴され、1997年、東京地裁による懲役3年の判決により服役。この判決は1998年に最高裁で確定し、1999年、広島刑務所を出所している。 1999年の出所後、教団に戻り、2000年の宗教団体アレフの発足にも大きな影響を及ぼす。 2002年、宗教団体アレフ(現在は「アーレフ」)代表に就任。 2006年、アーレフ代表の職を辞し、アーレフからの独立を発表。 2007年5月、自身を代表とする宗教団体「ひかりの輪」発足。 アーレフ在籍時のホーリーネーム:マイトレーヤ 最終ステージ:正大師 (引用元 Hatena Keyword)