生年月日データベース

江川紹子えがわしょうこ

ジャーナリスト[日本]

1958年 8月4日 生 (満61歳)

江川 紹子(えがわ しょうこ、1958年8月4日 - )は、日本のジャーナリストである。
東京都杉並区生まれ。
千葉県立船橋高等学校を経て、早稲田大学政治経済学部卒。
卒業後の1982年(昭和57年)から1987年(昭和62年)まで、神奈川新聞社の社会部記者として警察取材や連載企画などを担当。
29歳で退社し、フリーライターとなる。
1989年(平成元年)には、息子がオウム真理教に出家した母親から脱会について相談され、弁護士の坂本堤を紹介する。
その後弁護士一家が行方不明(のち一家皆殺しで発見。
坂本堤弁護士一家殺害事件)となって以来、オウム真理教問題の取材に取り組む。
その存在がオウムに疎まれて暗殺が計画され、未明の就寝中部屋にホスゲンガスを注入されたが、音に気づいて電灯を点けたところ犯人たちが逃げ、噴霧された量が少なくて済んだため難を逃れた(江川紹子ホスゲン襲撃事件)。
1991年には、同年年3月に法人化された幸福の科学を取材。
1992年には有田芳生との共著で統一教会に関する書籍を刊行するなど、他の新宗教に対する取材も行っている。

映像作品

関連書籍

ジャーナリスト。 1958年生まれ、東京都出身。早稲田大学政治経済学部卒。神奈川新聞勤務を経て、1987年、フリージャーナリストに。 オウム真理教信者の母親の相談を受け、紹介した弁護士が坂本堤氏であった。 (引用元 Hatena Keyword)