生年月日データベース

郷田真隆ごうだまさたか

将棋棋士[日本]

1971年 3月17日 生 (満48歳)

郷田真隆 - ウィキペディアより引用

郷田 真隆(ごうだ まさたか、1971年3月17日 - )は、将棋棋士。
棋士番号は195。
東京都練馬区出身。
(故)大友昇九段門下。
いわゆる「羽生世代」の一人。
駿台学園中学校・高等学校卒業。
棋歴 3歳の頃に、将棋好きな父から将棋を教わる。
小学校6年時代の1982年12月、奨励会に6級で入会するも、当初は成績不振で、一時は7級に降級した。
しかしその後は順調に昇級を重ね、入会から2年半で初段昇段。
1985年12月に二段に昇段するが、翌年に高校に入学すると「あまり将棋の勉強をしなかった」(本人談)ということで一時成績が低迷する。
本人によればこの時期に初恋を経験するなど、プライベートでいろいろ出来事があったという。
三段リーグに入ったのは1988年。
以来、次点(3位)、5位、5位と好成績を3期続け、ついに4期目に14勝4敗で2位の成績を収めて、19歳でプロデビュー(四段昇段)を果たす(1990年4月1日)。
同学年の羽生善治が、すでに初の竜王位に就いていた頃のことであった。
プロ3年目の1992年度に、タイトルに3度挑戦する活躍を見せる。

関連書籍

将棋のプロ棋士。 羽生世代の有力棋士の一人。 斬り合いを好む居飛車本格派。 第65期名人戦の挑戦者に決まり、注目を集めている。→3勝4敗で敗退。 (引用元 Hatena Keyword)