生年月日データベース

市村正親いちむらまさちか

俳優[日本]

1949年 1月28日 生 (満70歳)

市村正親 - ウィキペディアより引用

市村 正親(いちむら まさちか、1949年1月28日 - )は、日本の俳優、舞台俳優。
妻は女優の篠原涼子。
所属芸能事務所はホリプロ。
身長170cm、体重60kg。
父親は地方紙の新聞記者で、母親は飲食店で働いていた。
子供の頃は母親にカネを貰い定食屋に行き一人で夕食を食べ、その店の向かいに有った映画館で過ごしていると父親が迎えに来て、そのまま飲み屋に連れていかれ、奥で寝てたという。
電線を拾い集めてはクズ屋に売って こづかいを稼いでいた。
  埼玉県川越市出身。
埼玉県川越商業高等学校卒業。
舞台芸術学院卒業後、西村晃の付き人を3年間務める。
1973年、劇団四季『イエス・キリスト=スーパースター(後に『ジーザス・クライスト=スーパースター』)』の端役を狙ってオーディションを受け合格、後にヘロデ役を獲得してデビュー。
翌年正式に劇団四季へ入団。
『エクウス』では、全裸での演技が話題となった。
『オペラ座の怪人』では主役のオペラ座の怪人を演じるなど、1980年代の劇団四季を代表する看板俳優となるまでに至るも、1990年に同劇団を退団。

映像作品

関連書籍

ミュージック

日本の俳優。1949年1月28日、埼玉県川越市生まれ。舞台芸術学院卒業後、俳優・西村晃の付き人を経て、73年に劇団四季のミュージカル「イエス・キリスト=スーパースター」で俳優デビュー。翌年同劇団に入団し、80年代の看板俳優となる。83年には芸術選奨文部大臣賞新人賞を受賞した。90年、劇団四季を退団。以降、様々な舞台に出演し、日本を代表する舞台俳優と称されている。2002年、芸術選奨文科大臣賞を受賞し、07年には紫綬褒章を受勲。11年のNHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」(明智光秀役)や、12年・14年の映画「テルマエ・ロマエ」シリーズ(ローマ皇帝ハドリアヌス役)など、テレビや映画にも多数出演している。05年に女優の篠原涼子と結婚。14年7月27日、初期の胃癌であることを発表、出演中だったミュージカル「ミス・サイゴン」を休演することとなった。 (2014-7-30) (引用元 コトバンク)