生年月日データベース

森田芳光もりたよしみつ

映画監督[日本]

1950年 1月25日

2011年 12月20日 死去急性肝不全享年62歳

森田 芳光(もりた よしみつ、1950年1月25日 - 2011年12月20日)は、日本の映画監督、脚本家。
1981年に『の・ようなもの』で、長編映画監督デビューした。
以降、シリアスなドラマから喜劇、ブラックコメディー、アイドル映画、恋愛映画、ホラー映画、ミステリ映画と幅広いテーマを意欲的に取り扱い、話題作を数多く発表した。
生涯[編集] 生い立ち[編集] 母親の実家のある神奈川県茅ヶ崎市にて生まれ、東京都渋谷区円山町で育つ。
実家が料亭で、芸者や客を見ていて、子ども心に「人間っていうのは体裁ばかりなんだ」と思っていたという。
小さい頃から祖母に連れられて寄席に通った。
落語評論家の安藤鶴夫に心酔し、落語を演じるのではなく、論じたかった。
学校時代は東宝芸能学校に所属し、子役としてテレビ番組(フジテレビ「長屋の諸君!」)や舞台(日劇「三橋美智也ショー」)などに出演。
同期に鷲尾真知子がおり、当時人気子役だった江木俊夫や中山千夏とも交流があった。
日本大学櫻丘高等学校では新聞部に在籍。
映画評を担当することになって見たデヴィッド・リーン監督の『ドクトル・ジバゴ』に感動し、映画の魅力に開眼。
新宿文化やアメリカンセンターなどに通い、当時隆盛だった実験映画の洗礼を受ける。
自主映画の製作[編集] 日本大学芸術学部放送学科に進学し、自主映画製作を開始する。
自主制作の作品としては『映画』(1971年)、『遠近術』(1972年)、『 ……

森田芳光さんが誕生してから、74年と180日が経過しました。(27209日)
亡くなってから、12年と217日が経ちました。(4600日)
22609日間 生きました。