生年月日データベース

森田芳光もりたよしみつ

映画監督[日本]

1950年 1月25日 生 (満69歳)

森田 芳光(もりた よしみつ、1950年1月25日 - 2011年12月20日)は、日本の映画監督、脚本家である。
1981年に『の・ようなもの』で、長編映画監督デビュー。
以降、シリアスなドラマから喜劇、ブラックコメディー、アイドル映画、恋愛映画、ホラー映画、ミステリ映画と幅広いテーマを意欲的に取り扱い、話題作を数多く発表する。
母親の実家のある神奈川県茅ヶ崎市にて生まれ、東京都渋谷区円山町で育つ。
小さい頃から祖母に連れられて寄席に通った。
落語評論家の安藤鶴夫に心酔し、落語を演じるのではなく、論じたかった。
学校時代は東宝芸能学校に所属し、子役としてテレビ番組(フジテレビ「長屋の諸君!」)や舞台(日劇「三橋美智也ショー」)などに出演。
同期に鷲尾真知子がおり、当時人気子役だった江木俊夫や中山千夏とも交流があった。
日本大学櫻丘高等学校では新聞部に在籍。
映画評を担当することになって見たデヴィッド・リーン監督の『ドクトル・ジバゴ』に感動し、映画の魅力に開眼。
新宿文化やアメリカンセンターなどに通い、当時隆盛だった実験映画の洗礼を受ける。

映像作品

関連書籍

ミュージック

もりたよしみつ [生]1950.1.25.東京[没]2011.12.20.東京映画監督,脚本家。日本大学芸術学部在学中に自主映画を制作し,1981年に『の・ようなもの』で商業映画監督デビュー。『家族ゲーム』(1983)の意表をついた演出で注目を集め,1985年の『それから』は新世代の監督で初のキネマ旬報ベストテンの第1位など,数々の映画賞を獲得した。シリアスからコメディ,アイドル映画や恋愛物,ホラー,ミステリーなど,幅広いジャンルを次々手がけ,1997年には『失楽園』が大ヒットした。『それから』『キッチン』(1989),『失楽園』『黒い家』(1999),『模倣犯』(2002),『阿修羅のごとく』(2003)など小説を原作とした作品に加え,「バカヤロー!」シリーズなどオリジナル脚本の作品も多いが,2007年には黒沢明監督『椿三十郎』の脚本をそのまま使ったリメークに挑戦。オリジナル脚本での2012年公開『僕達急行A列車で行こう』が遺作となった。 (引用元 コトバンク)