生年月日データベース

中島哲也なかしまてつや

映画監督[日本]

1959年 9月2日 生 (満64歳)

中島 哲也(なかしま てつや、1959年9月2日 - )は、日本の映画監督、CMディレクター。
福岡県出身。
来歴[編集] 福岡県立筑紫高等学校を経て、明治大学卒業。
大学在学中は、映画研究会・騒動舎に属し、1982年に制作した『はの字忘れて』が、ぴあフィルムフェスティバルで長谷川和彦の推薦により入選。
長谷川は「優れて構成的な毒のある笑いを提供してくれた。
作家がこれ見よがしの下手な小細工をする作品が多い中で、中島君の正攻法は清々しい」と評した。
大学卒業後、CM制作会社の日本天然色映画に所属。
1987年にフリーとなり手掛けたCMデビュー作のフジッコ漬物百選では、山口美江の「しばづけ食べたい」のセリフが話題になる。
1988年に映画『バカヤロー! 私、怒ってます 第二話 遠くてフラれるなんて』で劇場映画監督デビューを果たしてからも、サントリー「モルツ球団」やサッポロ黒ラベル「温泉卓球」篇など多数のヒットCMを世に送り出しCM界の巨匠として知られるようになる。
1997年に稲垣吾郎出演のフジカラー「写ルンです」、1999年に木村拓哉出演のJRAのCMを手掛けたの皮切りに、NTT東日本「ガッチャマン篇」CMやSmap Short Films他、SMAPの映像作品を数多く手掛ける。
映画監督としては2004年の『下妻物語』から注目されるようになり、その後もヒット作・話題作を作り続けている。
2010年の『告白』では日本アカデミー賞最優秀監督賞と最優秀脚本賞を受賞。
『告白』は第83回 ……

中島哲也さんが誕生してから、64年と325日が経過しました。(23701日)