生年月日データベース

笑福亭鶴瓶しょうふくていつるべ

落語家[日本]

1951年 12月23日 生 (満67歳)

笑福亭鶴瓶 - ウィキペディアより引用

笑福亭 鶴瓶(しょうふくてい つるべ)は、上方落語の名跡。
初代 笑福亭鶴瓶(生年不詳 - 1944年2月)は、後の林家染八。
初め4代目笑福亭松鶴の門下で、師が一旦芸界を離れた時に、2代目林家染丸の門下に移る。
本名は金谷伊太郎。
当代の命名時に松鶴もその存在を語り、2代目であると告げている。
笑福亭鶴瓶(当代) - 本項を参照。
本来なら2代目に当たるが、当代は特に代数を名乗っていない。
笑福亭 鶴瓶(しょうふくてい つるべ、1951年〈昭和26年〉12月23日 - )は、日本の落語家(6代目笑福亭松鶴門下)、タレント、俳優、歌手、司会者、ラジオパーソナリティである。
本名、駿河 学(するが まなぶ)。
あだ名は「べー師匠」「べーさん」、「まーちゃん」、「まなぶくん」、「鶴瓶師匠」、「鶴瓶ちゃん」。
出囃子は「トンコ節」もしくは「新ラッパ」(かつては「拳」)。
兵庫県在住。
2015年現在、6代目松鶴の6番弟子(上から順に笑福亭仁鶴や笑福亭鶴光、笑福亭福笑、笑福亭松枝、笑福亭呂鶴の兄弟子5人がいる)。

映像作品

音楽作品

しょうふくてい-つるべ 1951-昭和後期-平成時代の落語家,タレント。昭和26年12月23日生まれ。昭和47年6代笑福亭松鶴に入門。軽妙な話術と回転の速さ,飄々とした人柄で人気を得る。平成12年上方お笑い大賞。主な出演番組に「笑っていいとも!」「鶴瓶の家族に乾杯」など。落語家としては,春風亭小朝,9代林家正蔵らとの「六人の会」や「帝塚山無学の会」などで積極的に活動。20年上方落語協会副会長。西川美和監督「ディア・ドクター」(22年キネマ旬報ベスト・テン主演男優賞),山田洋次監督「おとうと」など,映画,舞台でも活躍。大阪府出身。京都産業大中退。本名は駿河学(するが-まなぶ)。 (引用元 コトバンク)