生年月日データベース

山田洋次やまだようじ

映画監督[日本]

1931年 9月13日 生 (満87歳)

山田洋次 - ウィキペディアより引用

山田 洋次(やまだ ようじ、1931年9月13日 - )は、日本の映画監督、脚本家。
文化功労者、日本芸術院会員、文化勲章受章者。
財団法人いわさきちひろ記念事業団理事長。
関西大学大学院文学研究科と立命館大学映像学部の客員教授。
文化学院の特別講師でもある。
川島雄三、野村芳太郎の助監督を経て、1961年に『二階の他人』でデビューする。
以降、『男はつらいよ』シリーズなどの人情劇を発表する。
評論家や文化人の支持も高く、現役でもっとも多くキネマ旬報ベストテンに入賞した監督である。
中国などでも、日本映画界の第一人者として知られる。
妻は「平塚らいてうの記録映画を上映する会」副会長を務めた山田よし恵(1932年5月23日 - 2008年11月8日)。
次女はBS-TBSプロデューサーの山田亜樹(1963年9月14日 - 。
元NHKアナウンサーの山田亜樹は別人)。
最終学歴は、東京大学法学部卒業。
作風 落語等の影響を受けており、主に人間ドラマに焦点を当て、ユーモアとペーソスに溢れたものである。

映像作品

関連書籍

音楽作品

日本の男性映画監督。1931年生まれ。大阪府出身。 少年期を満州で育ち、引き上げ後は山口県宇部市で過ごす。 横綱審議委員会委員。2012年度の文化勲章授章。 (引用元 Hatena Keyword)