生年月日データベース

林隆三はやしりゅうぞう

俳優ナレーター[日本]

1943年 9月29日

2014年 6月4日 死去腎不全享年72歳

林 隆三(はやし りゅうぞう、1943年9月29日 - 2014年6月4日)は、日本の俳優・ナレーター。
女優の青木一子は元妻。
女優・声優の林真里花は長女、元俳優の林征生は長男であり、政治家の岸宏一は従兄弟にあたる。
来歴・人物 東京都新宿区四谷に生まれる。
1961年に立教高等学校(現・立教新座高等学校)を中退後、1963年俳優座の俳優養成所に入り(第15期生)、1966年に卒業。
「三期会(現・東京演劇アンサンブル)」を経て、何本か端役でテレビドラマに出演した後、1970年に木下恵介・人間の歌シリーズ『俄』(TBS)に初主演。
その後、平賀源内の青春時代を描いた『天下御免』(NHK)に出演し、人気を博する。
1974年には映画『妹』(藤田敏八監督)で秋吉久美子と共演し、その演技は注目を集める。
1977年、津軽三味線の名手である高橋竹山の若き日を描いた『竹山ひとり旅』に、新藤兼人監督に請われて主演。
その鬼気迫る演技で第1回日本アカデミー賞で主演男優賞を受賞。
一躍スターと認められる。
その後、テレビドラマは『森村誠一シリーズ』『噂の刑事トミーとマツ』『夢千代日記』『ザ・ハングマン』映画は『時雨の記』『郡上一揆』などに出演している。

映像作品

関連書籍

ミュージック

俳優、ナレーター。1943年9月29日、東京都生まれ。66年、俳優座の俳優養成所を卒業(15期生)。67年、NHKミュージカル「ある愛の奇跡の物語」で芸能界デビュー。70年、木下恵介監督のドラマ「俄」(TBS系列)にて初主演。74年「妹」(藤田敏八監督)で映画デビューした。77年、映画「竹山ひとり旅」(新藤兼人監督)で主演し、第1回日本アカデミー賞主演男優賞を受賞。以後も、85年「たけしくん、ハイ!」、93年「炎立つ」、98年「徳川慶喜」(以上NHK)、2000年に映画「郡上一揆」(神山征二郎監督)などに出演し、また宮澤賢治作品の朗読公演にも力を入れていた。長女の林真里花は女優・声優として活動している。14年6月4日、腎不全のため死去。享年70。 (2014-6-11) (引用元 コトバンク)