生年月日データベース

新藤兼人しんどうかねと

映画監督脚本家[日本]

1912年 4月22日

2012年 5月29日 死去老衰享年101歳
新藤兼人 - ウィキペディアより引用

新藤 兼人(しんどう かねと、1912年〈明治45年〉4月22日 - 2012年〈平成24年〉5月29日)は、日本の映画監督、脚本家。
本名は新藤 兼登(読み方同じ)。
近代映画協会会長。
従三位、広島県名誉県民、広島市名誉市民、広島県三原市名誉市民。
日本のインディペンデント映画の先駆者であった。
性のタブーに挑戦したり社会派映画を制作したりと、冒険的な作品を発表した点が、同世代の監督と大きく異なる点である。
『鉄輪(かなわ)』のように前衛的な作品まで制作した。
脚本作品も、約370本と非常に多い。

新藤兼人さんが誕生してから、112年と37日が経過しました。(40945日)
亡くなってから、12年と0日が経ちました。(4383日)
36562日間 生きました。