生年月日データベース

アガサ・クリスティAgatha Mary Clarissa Christie

推理小説作家[イギリス]

1890年 9月15日

1976年 1月12日 死去享年87歳
アガサ・クリスティ - ウィキペディアより引用

アガサ・メアリ・クラリッサ・クリスティ(Dame Agatha Mary Clarissa Christie、DBE、旧姓:ミラー(Miller)、1890年9月15日 - 1976年1月12日)は、イギリスの推理作家。
66冊の探偵小説と14冊の短編集で知られ、発表された小説の多くは世界的なベストセラーとなり「ミステリーの女王」と呼ばれた。
特に架空の探偵エルキュール・ポアロと ミス・マープルを主人公とする小説で有名である。
メアリ・ウェストマコット(Mary Westmacott)名義の小説が6作品ある。
1971年、大英勲章第2位(DBE)に叙され「デイム・アガサ」となる。
英国推理作家のクラブであるディテクションクラブの第4代会長。
ユネスコのインデックス・トランスラチオヌムによると、最も翻訳された作家である。
小説『そして誰もいなくなった』は、約1億部を売り上げ、史上最も売れた本の一つである。
戯曲『ねずみとり』は、演劇史上最長のロングラン記録を持っている。
日本語表記は「クリスティ」と「クリスティー」がある。
生涯[編集] 生い立ち[編集] 1890年、資産家の父フレデリック・アルヴァ・ミラー(1846年 - 1901年)と母クララ・ベーマー(1854年 - 1926年、イギリス陸軍士官の娘)の次女としてイギリス南西部のデヴォンシャーに生まれる。
3人姉弟の末っ子で、10歳近く年の離れた姉と兄がいた。
しかし姉マーガレット(1879年 - 1950年)は寄宿学校におり、長兄モンタント(1880年 - 1929年)はパブリックスクールを退校して軍に入隊 ……

アガサ・クリスティさんが誕生してから、133年と311日が経過しました。(48889日)
亡くなってから、48年と193日が経ちました。(17725日)
31164日間 生きました。