生年月日データベース

山村美紗やまむらみさ

推理小説作家[日本]

1934年 8月25日

1996年 9月5日 死去心不全享年63歳

山村 美紗(やまむら みさ、1934年8月25日 - 1996年9月5日)は、日本の小説家、推理作家。
父・木村常信は京都大学名誉教授で、1926年京都帝国大学大学院法学研究科に進学後、朝鮮総督府京城法学専門学校長に任じられ終戦まで朝鮮に在住したため、山村も日本統治下の朝鮮・京城(現在のソウル)で生まれ育った。
弟は政治学者の木村汎、長女は女優の山村紅葉、次女は山村真冬。
夫は京都・東山高校の元数学教師で、退職後、70歳を過ぎてから画家となった山村巍(作品は亡妻の肖像画が主)。
山村美紗は4人姉弟の長女であり、他に妹が2人いる。
来歴・人物 国内におけるミステリー界の女王やトリックの女王と呼ばれた。
日本のアガサ・クリスティとも讃えられた。
1957年、京都府立大学文学部国文科を卒業。
その後1964年まで京都市立伏見中学校で国語教師として教職に就いていた。
結婚後、1967年頃から創作を始め、1970年に「京城の死」で江戸川乱歩賞候補、翌年の1971年に「死体はクーラーが好き」が小説サンデー毎日新人賞候補となり、その後1974年に『マラッカの海に消えた』で作家としてメジャーデビューを果たした。

関連商品