生年月日データベース

西村京太郎にしむらきょうたろう

推理小説作家[日本]

1930年 9月6日 生 (満88歳)

西村 京太郎(にしむら きょうたろう、1930年9月6日 - )は、日本の小説家、推理作家。
トラベルミステリーの第一人者で、十津川警部の生みの親として知られている。
本名は矢島 喜八郎(やじま きはちろう)。
東京陸軍幼年学校在学中に終戦を迎え、東京都立電機工業学校(現・東京都立産業技術高等専門学校)卒業後、臨時人事委員会(後の人事院)に就職する。
11年勤務後に退職し、トラック運転手、私立探偵などを経て作家生活に入る。
初期は社会派推理小説を書いていたが、じきにスパイ小説、クローズド・サークル、パロディ小説、時代小説など多彩な作品群を発表する。
中でも海難事故もの(これについては西村本人が海が好きだったため。
十津川警部は大学ヨット部出身という設定。
)、誘拐もの(あらゆる犯罪の中で最も知能を要するので推理小説にふさわしいと考えたから)が多かった。
日本中にトラベルミステリーというジャンルを示すきっかけとなったヒット作『寝台特急殺人事件』から全面的にトラベルミステリーに移行する。

映像作品

ミステリー作家。赤川次郎・内田康夫と並ぶ人気小説家。 十津川警部シリーズが有名。 本名・矢島喜八郎。昭和5年9月6日、東京日暮里生まれ。 昭和23年に中学校を旧制最後の年に卒業。発足したばかりの臨時人事委員会(人事院の前身)に就職、11年間国家公務員として働く。 以後作家を目指しながらトラック運転手、保険外交員、私立探偵、競馬場の警備員などの職を転々とする。 昭和40年『天使の傷痕』で第11回江戸川乱歩賞を受賞。 2001年10月31日、神奈川県湯河原町に「西村京太郎記念館」がオープン。 (引用元 Hatena Keyword)