生年月日データベース

伊野波雅彦いのはまさひこ

男子サッカー選手[日本]

1985年 8月28日 生 (満34歳)

伊野波 雅彦(いのは まさひこ、1985年8月28日 - )は、宮崎県出身のプロサッカー選手。
ポジションはディフェンダー(CB、SB)、ミッドフィールダー(ボランチ)。
Jリーグ・ヴィッセル神戸所属。
元日本代表。
プロ入り以前 実家は豆腐屋。
幼少時は水泳や器械体操を習っていたが 9歳の時に全てを辞め、サッカーを始める。
生目台中学では同期の上田常幸と共に宮崎県選抜に選ばれていた。
この頃、同郷の増田誓志を伴いブラジル・リオデジャネイロに2度の短期留学を経験。
また、当時から鹿島アントラーズのファンで、鹿島ユース入りを図って直談判を申し出たが、遠方のクラブに入る負担などを理由に断られた。
スカウト担当の平野勝哉は当時の伊野波について「まだ小柄でどんなタイプの選手かも分からなかった」と述懐している、鹿島がキャンプで伊野波の地元である宮崎を訪れた際には練習を見学に行き、小笠原満男と一緒に写真を撮っている。

映像作品

関連書籍

いのは-まさひこ 1985-平成時代のプロサッカー選手。昭和60年8月28日生まれ。ポジションはDF,MF。宮崎東サッカースポーツ少年団,生目台中,鹿児島実業高から阪南大にすすみ,平成18年FC東京に入団。20年鹿島アントラーズ,23年クロアチアのハイドゥク・スプリト,24年ヴィッセル神戸,25年ジュビロ磐田へと移籍。初の日本代表は18年のAFCアジアカップ予選。26年FIFAワールドカップ(ブラジル大会)の日本代表にえらばれる。宮崎県出身。 (引用元 コトバンク)