生年月日データベース

田坂和昭たさかかずあき

男子サッカー選手、監督[日本]

1971年 8月3日 生 (満48歳)

田坂 和昭(たさか かずあき、1971年8月3日 - )は、広島県広島市出身の元サッカー選手で、サッカー指導者(JFA 公認S級コーチ)。
現役時代のポジションは主にミッドフィールダー(MF)。
選手時代 1994年、ベルマーレ平塚がJリーグに昇格した年に入団。
初年度からディフェンシブハーフ(ボランチ)のポジションを前年不動のレギュラーであった松山広淳から奪い、開幕戦から出場。
平塚競技場のこけら落としとなった第2節では渡辺卓と激突し、顔面を骨折してその後1ヶ月を棒に振ったものの、復帰後は中心選手として活躍した。
1stステージは岩本輝雄、名良橋晃の超攻撃的両サイドバックのフォローに追い回されたが、NICOSシリーズは優勝争いを演じ、田坂自身はJリーグ新人王を獲得した。
以後、不動のボランチとして活躍、1995年には日本代表にも選ばれた。
しかし当時の監督加茂周がストッパーとして起用、イングランド遠征ではロベルト・カルロスに一瞬で振り切られるなど、スピード面での課題が露呈した。

映像作品

関連書籍

元サッカー選手、サッカー指導者。 1971年8月3日生まれ。広島県出身。 現役時代のポジションはミッドフィルダー(ディフェンシブハーフ)、ディフェンダー(ストッパー)。 日本代表国際Aマッチ通算7試合出場。 2002年シーズン終了後に現役引退、指導者に転身した。 2005年、日本サッカー協会公認S級ライセンスコーチ資格取得。 (引用元 Hatena Keyword)