生年月日データベース

洪明甫Hong Myung-Bo

男子サッカー選手、監督[韓国]

1969年 2月12日 生 (満50歳)

洪明甫 - ウィキペディアより引用

洪 明甫(ホン・ミョンボ、홍명보、1969年2月12日 - )は、韓国・ソウル出身の元サッカー選手、サッカー指導者。
2016シーズンより中国サッカー・スーパーリーグの杭州緑城の監督を務める。
元韓国代表。
現役時代のポジションはセンターバック、ディフェンシヴハーフ。
韓国代表史上最多の136キャップを誇り、ワールドカップには1990年イタリア大会から4大会連続で出場。
2002年日韓大会ではブロンズボール賞に輝いた。
2004年3月にペレが選ぶ偉大なサッカー選手100人に選出された。
Jリーグではベルマーレ平塚、柏レイソルに在籍。
1999年は外国籍選手ながら柏レイソルのキャプテンを任され、ナビスコカップ優勝に貢献した。
2004年に現役を退いた後、2005年10月、ディック・アドフォカート監督の下、韓国代表アシスタントコーチに就任し、2006年ワールドカップに参加。
アドフォカート退任後に就任したピム・ファーベーク監督の下でも同職を務め、AFCアジアカップ2007に参戦した。

関連書籍

ホン・ミョンボ 韓国の元サッカー選手、サッカー指導者。選手時代のポジションはディフェンダー(センターバック、リベロ)。 1969年2月12日生まれ。ソウル特別市出身。身長182cm、体重71kg。 高麗大学校からKリーグ、浦項アトムス(1997年より浦項スティーラーズ)に入団。 1997年5月に来日し、ベルマーレ平塚に加入。 1999年、柏レイソルに移籍。 日本の育成システムやJリーグについて好意を抱き、韓国サッカー界が学ぶべき事を指摘。 日韓サッカーの架け橋として活躍した。 2002年、スティーラーズに復帰。 韓国代表史上最多キャップ数133を誇り、FIFAワールドカップ4大会連続出場。 アメリカ大会のドイツ戦で活躍。2002年日韓大会ではブロンズボール賞受賞、主将としてチームのベスト4に貢献した。 2003年、MLS(メジャーリーグサッカー)のロサンゼルス・ギャラクシーで英語とスポーツマネジメントやコーチの勉強をしながらプレイ。 サッカーを通じた慈善活動として「BO基金」を設立し、カリフォルニア州に「BOサッカーアカデミー」も開設。 2004年3月にペレが選ぶ偉大なサッカー選手100人に選出。 同年限りで現役引退。 2005年、韓国代表コーチに就任。 2009年U-20韓国代表の監督に就任、2009年10月その実績を認められ2012年ロンドンオリンピック韓国代表の監督に就任。銅メダル獲得に導いた。 (引用元 Hatena Keyword)