生年月日データベース

原田眞人はらだまさと

映画監督、映画評論家[日本]

1949年 7月3日 生 (満70歳)

 - ウィキペディアより引用

原田 眞人(はらだ まさと、1949年7月3日 - )は、日本の映画評論家、映画監督。
静岡県沼津市出身。
人物・来歴 静岡県沼津市生まれ。
静岡県立沼津東高等学校卒業、東京写真専門学校、ペパーダイン大学中退。
1972年ロンドンに語学留学。
『ラストショー』の評論を『キネマ旬報』に載せたことをきっかけに映画評論家となり、『キネマ旬報』や『宝島』にアメリカ発の映画情報を寄稿。
著書も出している。
ロサンゼルスにて6年間の映画監督修行を積み、1976年にジャーナリストの福田みずほと結婚。
一男一女をもうけ、息子は俳優の原田遊人。
1979年に一時帰国して『さらば映画の友よ インディアンサマー』で監督デビュー。
1983年に西ドイツとの合作映画『ウィンディー』をヨーロッパで撮影した後、1984年に帰国。
以後、監督業のみならず、脚本執筆や俳優業など映画関係で多方面に活動。
テレビ映画やオリジナルビデオも手がけ、中でも1991年から1992年にかけて監督した木村一八主演の『タフ』シリーズは三池崇史監督らが評価している。

関連商品