生年月日データベース

上村松園うえむらしょうえん

日本画家[日本]

1875年 4月23日

1949年 8月27日 死去享年75歳
上村松園 - ウィキペディアより引用

上村 松園(うえむら しょうえん、1875年(明治8年)4月23日 - 1949年(昭和24年)8月27日)は、日本画家。
本名は上村 津禰(うえむら つね、「禰」は「示」ヘンに「爾」)、常子(つねこ)と名乗っていたこともある。
明治の京都下京に生まれ育ち、女性の目を通して「美人画」を描いた。
1948年(昭和23年)女性として初めて文化勲章を受章。
子の上村松篁、孫の上村淳之と三代続く日本画家である。
画風 京の伝統風俗 京都市下京区四条通御幸町の葉茶屋「ちきり屋」の次女として生まれ、京の伝統文化に育まれた松園は、明治・大正・昭和を通して生涯、「一点の卑俗なところもなく、清澄な感じのする香高い珠玉のような絵」、「真・善・美の極致に達した本格的な美人画」(いずれも松園のことば)を念願として女性を描き続けた。

映像作品

関連書籍

女流日本画家。 明治8年(1875年)4月23日、生まれ。昭和24年(1949年)8月27日、死去。 日本画家の上村松篁は、息子。 (引用元 Hatena Keyword)