生年月日データベース

山手樹一郎やまてきいちろう

作家[日本]

1899年 2月11日

1978年 3月16日 死去肺がん享年80歳

山手 樹一郎(やまて きいちろう、1899年2月11日 - 1978年3月16日)は、日本の小説家。
経歴・人物 栃木県那須郡黒磯町生まれ。
父親が鉄道員として黒磯駅に勤務していた当時に生まれた。
本名は井口長次。
(旧制)明治中学校卒業。
長男は同じく小説家の井口朝生、次男は国文学者の井口樹生。
孫は詩人の井坂洋子。
小学新報社『少女号』の編集者を経て、博文館に入社。
のち『少年少女譚海』編集長。
1932年頃より兼業作家となり、1939年より専業作家。
前後して長谷川伸の門下。
翌年より新聞連載した「桃太郎侍」で人気を得る。
第2代日本作家クラブ会長。
一貫して明朗、壮快な作風で、時代小説作家として支持される。
唯一の歴史小説である『崋山と長英』で第4回野間文芸賞を受賞。
1977年には、勲三等瑞宝章を受章。
1978年3月16日、肺癌のため東京都内の病院で死去。
79歳没。
墓所は東京都世田谷区の宗福寺。
作家として 雑誌編集者との兼業作家として活動を始めたのは30代に入ってからであり、さらに専業作家となったのは40歳を過ぎてからである。

関連書籍

【やまてきいちろう】 小説家。本名井口長次。栃木県生れ。明治中学卒。博文館で大衆誌の編集に携わりながら,井口朝二の筆名で小説を発表。初の新聞連載《桃太郎侍》(1929年―1930年)が人気を博す。《獄中記》《檻送(かんそう)記》《蟄居(ちっきょ)記》の3部作で野間文芸奨励賞受賞。これらは《崋山と長英》(1945年)としてまとめられる。他に《夢介千両みやげ》《又四郎行状記》などの時代小説がある。 (引用元 コトバンク)