生年月日データベース

井筒和幸いづつかずゆき

映画監督[日本]

1952年 12月13日 生 (満67歳)

井筒 和幸(いづつ かずゆき、1952年12月13日 - )は、日本の映画監督。
奈良県出身。
映画監督として アメリカン・ニューシネマに傾倒し、奈良県立奈良高等学校時代から8ミリ、16ミリ映画の製作を行っており、1975年に友人と映画制作グループ「新映倶楽部」を設立する。
1975年にピンク映画『行く行くマイトガイ 性春の悶々』を初監督(「ゆけゆけマイトガイ性春の悶々」に後に改題。
「井筒和生」名義)。
なお、「ゆけゆけマイトガイ性春の悶々」は当時特にヒットしなかったがフィルムの原本が東京国立近代美術館のフィルムセンターに収蔵されており、井筒本人が有名になった後にソフト化されている。
上京後もピンク映画を撮り続け、そのうちのひとつである『色情女狩り』から「井筒和幸」名義となる。
並行して、関西の情報誌「プレイガイドジャーナル」にコラムを執筆。
1981年、初の一般映画『ガキ帝国』(「プレイガイドジャーナル」がプロデュースしたATG映画)がヒットし、日本映画監督協会新人奨励賞を受賞。

関連商品