生年月日データベース

尾崎秀樹おざきほつき

文芸評論家[日本]

1928年 11月29日

1999年 9月21日 死去享年72歳

尾崎 秀樹(おざき ほつき、1928年(昭和3年)11月29日 - 1999年(平成11年)9月21日)は、日本の文芸評論家。
ゾルゲ事件の研究や、大衆文学評論に尽くした。
ゾルゲ事件の尾崎秀実は異母兄。
同母妹の田才秀季子(ほすえこ)は、チェコ文学者田才益夫の妻。
妻の尾崎恵子は執筆のアシスタントでもあり、秀樹との共著が二冊ある。
歴史学者・政治学者の今井清一は義理の甥(秀実の娘の夫)。

推定関連画像

尾崎秀樹さんが誕生してから、95年と94日が経過しました。(34793日)
亡くなってから、24年と164日が経ちました。(8930日)
25863日間 生きました。