生年月日データベース

土門拳どもんけん

写真家[日本]

1909年 10月25日

1990年 9月15日 死去心不全享年82歳
土門拳 - ウィキペディアより引用

土門 拳(どもん けん、1909年〈明治42年〉10月25日 - 1990年〈平成2年〉9月15日)は昭和時代に活躍した日本の写真家。
リアリズムに立脚する報道写真、日本の著名人や庶民などのポートレートやスナップ写真、寺院、仏像などの伝統文化財を撮影し、第二次世界大戦後の日本を代表する写真家の一人とされる。
また、日本の写真界屈指の名文家としても知られた。

土門拳さんが誕生してから、114年と268日が経過しました。(41907日)
亡くなってから、33年と309日が経ちました。(12362日)
29545日間 生きました。