生年月日データベース

草柳大蔵くさやなぎだいぞう

評論家ノンフィクション作家[日本]

1924年 7月18日

2002年 7月22日 死去享年79歳

草柳 大蔵(くさやなぎ だいぞう、1924年(大正13年)7月18日 - 2002年(平成14年)7月22日)は日本の評論家、ノンフィクション作家、ジャーナリスト。
妻はきもの研究家の石川あき(1927年- )。
長女はテレビキャスターの草柳文恵。
神奈川県横浜市鶴見区出身。
横浜二中、旧制府立高校を経て、1945年(昭和20年)、東京帝国大学に入り、在学中に学徒出陣し、特攻隊員(特別操縦見習士官)を志願する。
敗戦後復学し、1948年(昭和23年)に同大法学部政治学科を卒業。
八雲書店に入社し、編集者として『中野重治国会演説集』などを手がけるが、1949年(昭和24年)に人員整理で退職し、自由国民社編集者、産経新聞記者(経済担当)等を経験。
その間、植田康夫らとともに「大宅壮一東京マスコミ塾」に学び、1952年(昭和27年)から大宅壮一の助手としてに2年間師事。
1956年(昭和31年)『週刊新潮』創刊に加わり、当初はリライターとしての起用だったが、次第に特集記事をまかされるようになり、記者の取材結果を草柳がアンカーとして記事にするという分業体制も生まれた。

映像作品

関連書籍

くさやなぎ-だいぞう 1924-2002昭和後期-平成時代の評論家。大正13年7月18日生まれ。大宅壮一に師事。「週刊新潮」「女性自身」の創刊にくわわり,集団執筆によるトップ記事をつくる。雑誌連載の「山河に芸術ありて」「現代王国論」以降,評論家として人物論,組織論,女性論を手がけた。平成14年7月22日死去。78歳。神奈川県出身。東大卒。著作に「官僚王国論」「実録満鉄調査部」など。 (引用元 コトバンク)