生年月日データベース

萩本欽一はぎもときんいち

タレントコメディアン・元 コント55号[日本]

1941年 5月7日 生 (満82歳)

萩本 欽一(はぎもと きんいち、1941年〈昭和16年〉5月7日 - )は、日本のコメディアン、テレビ司会者。
1966年、相方の坂上二郎と結成した「コント55号」が絶大な人気を得て、60年代後半のテレビを席巻する。
70年以降は司会者としての単独活動も開始。
特に80年代以降は彼の名前を冠したレギュラー番組が軒並み高視聴率を記録、「視聴率100%男」との異名を取った。
また、これらの番組から始まった様々なお笑いのスタイルは(後述)その後のバラエティー番組へ多大なる影響を与えた。
昭和のバラエティー番組黄金期を代表する人物である。
日本野球連盟に所属する野球クラブチーム「茨城ゴールデンゴールズ」創立者で、初代監督を務めた。
司会者などタレント業のほか、舞台などの演出家としても活動する。
浅井企画所属。
浅井企画グループの佐藤企画と業務提携し、同じく浅井企画傘下に置く個人事務所・萩本企画にも所属している。
東京府東京市下谷区稲荷町(現:東京都台東区東上野3丁目)出身の埼玉県浦和市(現:さいたま市浦和地区)育ち。
血液型はA型。
欽ちゃん、大将の愛称で広く知られる。

推定関連画像

萩本欽一さんが誕生してから、82年と206日が経過しました。(30157日)