生年月日データベース

立川志らくたてかわしらく

落語家[日本]

1963年 8月16日 生 (満57歳)

 - ウィキペディアより引用

立川 志らく(たてかわ しらく)は、江戸・東京の落語の名跡。
過去に5人前後確認されている。
次項の志らく(本名、新間一弘)の前に、亭号が立川、翁家、升々亭、など3人ほどいる。
朝寝坊志らく - 後の柳亭左好。
(本名、田中直四郎)6代目朝寝坊むらくの門で名乗る。
朝寝坊志らく(1880年1月3日 - 没年不明) - 初代三遊亭圓之助(本名、中村代次郎)の実子で最初は4代目橘家圓喬の門で喬生、明治30年代半ばに圓花、40年代に橘家小圓太、大正に入り3代目三遊亭圓馬(当時の7代目朝寝坊むらく)の門で志らくとなった。
落語の演目「徳ちゃん」はこの人がモデルになっている。
(本名、中村徳太郎)。
立川 志らく(たてかわ しらく、本名・新間 一弘(しんま かずひろ)、男性、1963年8月16日 - )は東京都世田谷区出身の落語家、映画評論家、映画監督。
落語立川流、ワタナベエンターテインメント(文化人部門)所属。
出囃子は『鳩』『花嫁人形』。
日本映画監督協会にも所属。
現在の妻は女優の酒井莉加。
来歴・人物 父親がギタリスト、母親が長唄という芸人の家庭で育ち、中学生の頃から落語と映画を好きになる。

関連商品