生年月日データベース

黒澤明くろさわあきら

映画監督脚本家[日本]

1910年 3月23日

1998年 9月6日 死去脳卒中享年89歳
 - ウィキペディアより引用

黒澤 明(くろさわ あきら、1910年3月23日 - 1998年9月6日)は、日本の映画監督・脚本家。
第二次世界大戦後の日本映画を代表する映画監督であり、国際的にも有名で影響力のある映画監督の一人とみなされている。
ダイナミックな映像表現、劇的な物語構成、ヒューマニズムを基調とした主題で知られる。
生涯で30本の監督作品を発表したが、そのうち16本で俳優の三船敏郎とコンビを組んだ。
青年時代は画家を志望していたが、1936年にP.C.L.映画製作所(1937年に東宝に合併)に入社し、山本嘉次郎監督の助監督や脚本家を務めたのち、1943年に『姿三四郎』で監督デビューした。
『醉いどれ天使』(1948年)と『野良犬』(1949年)で日本映画の旗手として注目されたあと、『羅生門』(1950年)でヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を受賞し、日本映画が国際的に認知されるきっかけを作った。
その後『生きる』(1952年)、『七人の侍』(1954年)、『用心棒』(1961年)などが高い評価を受け、海外では黒澤作品のリメイクが作られた。
1970年代以降は国内で製作資金を調達するのが難しくなるが、海外資本で『デルス・ウザーラ』(1975年)、『影武者』(1980年)、『乱』(1985年)、『夢』(1990年)を作り、国内外で多くの映画賞を受けた。
1985年に映画人初の文化勲章を受章し、1990年にはアカデミー名誉賞を受賞した。
没後、映画監督初の国民栄誉賞が贈られた。

黒澤明さんが誕生してから、111年と218日が経過しました。(40761日)
亡くなってから、23年と51日が経ちました。(8452日)
32309日間 生きました。