生年月日データベース

南伸坊みなみしんぼう

イラストレーター[日本]

1947年 6月30日 生 (満72歳)

南 伸坊(みなみ しんぼう、本名: 南 伸宏、1947年6月30日 - )は、日本の編集者、イラストレーター、エッセイスト、漫画家である。
本の装幀も多数手掛ける。
エッセイに自らイラストをつける手法により、「イラストライター」と自称する。
あたたかみのある描線の似顔絵や、シンプルながら洗練された装幀で知られる。
第29回講談社出版文化賞ブックデザイン賞受賞。
『ハリガミ考現学』での貼紙の研究により、赤瀬川原平が提唱した路上観察学会にも参加。
丸刈りでおむすび型の頭をトレードマークにしており、これを強調した自画像イラストでも知られる。
また、日清チキンラーメンのCMなどにも出演した。
作品には、『みなみしんぼうのそっくりアルバム』、『歴史上の本人』、『本人の人々』など、有名人たちに扮装して顔マネをした「そっくり写真」がある。
これらの作品で衣装、小道具、写真等を担当しているのは妻・南文子であるが、文子も伸坊と同じく、美学校の赤瀬川教室の出身者である。
伸坊の漫画作品には中国の奇異小説を漫画化したものが多く、また、中国歴史物小説のカバー挿画も多く担当している。

映像作品

関連書籍

みなみ-しんぼう 1947-昭和後期-平成時代のイラストレーター,エッセイスト。昭和22年6月30日生まれ。都立工芸高卒業後,赤瀬川原平らにまなぶ。昭和47年青林堂に入社し,漫画雑誌「ガロ」の編集長をつとめ,55年フリー。おにぎり頭のイラストや親しみやすい文章に人気がある。赤瀬川らと路上観察学会を設立。平成10年「山田風太郎明治小説全集」で講談社出版文化賞ブックデザイン賞。東京出身。本名は伸宏。著作に「ハリガミ考現学」など。 (引用元 コトバンク)