生年月日データベース

朝原宣治あさはらのぶはる

陸上短距離選手[日本]

1972年 6月21日 生 (満48歳)

 - ウィキペディアより引用

朝原 宣治(あさはら のぶはる、1972年6月21日 - )は、兵庫県神戸市北区出身の元陸上競技選手。
2008年北京オリンピック男子4x100mリレーの銅メダリストである。
現在は陸上競技指導者・スポーツ解説者等で活動中。
非ネグロイドが活躍することがほぼ困難とされてきた現代の100メートル競走において、世界大会で何度も決勝に肉薄した成績を残し、後進の選手たちに自信をもたらした今日の日本陸上短距離界のパイオニアである。
妻は同志社大学の同窓生で、元シンクロナイズドスイミング選手・1992年バルセロナオリンピックのソロ・デュエットの銅メダリストの奥野史子。
長男と長女・次女の3人の子供がいる。
神戸市立小部東小学校、神戸市立小部中学校、兵庫県立夢野台高等学校、同志社大商学部卒業後、大阪ガス入社。
小中高校時代 小部中時代はハンドボール部レギュラーで全国大会出場果たす。
なお、現在同中学校のハンドボール部は廃部となっている。
陸上競技は夢野台高から始め、高3時に走幅跳でインターハイ優勝。
100メートル競走選手として開花 当初は走幅跳が専門だったが、同志社大学在籍中の1993年10月26日に行われた国体の100mにおいて、当時の日本記録である10秒19をマークして優勝し、以後、スプリンターとしても注目されることになった。

関連商品