生年月日データベース

柳本晶一やなぎもとしょういち

バレーボール監督[日本]

1951年 6月5日 生 (満69歳)

柳本 晶一(やなぎもと しょういち、1951年6月5日 - )は、日本のバレーボール元選手(元全日本代表)・指導者。
前バレーボール全日本女子チーム監督。
現役時代のポジションはセッターで、テレビ中継のニックネームは全日本女子バレー 復活請負人。
身長182cm。
大阪府大阪市出身。
大阪商業大学付属高校卒業後、1970年帝人三原に入団。
翌1971年新日本製鐵(現・堺ブレイザーズ)に移籍。
以降、主力選手として活躍。
1973年、全日本代表に初招集されるが、猫田勝敏の控えに甘んじることとなる。
1974年アジア大会で優勝、同年世界選手権で銅メダル獲得、1976年モントリオールオリンピックに出場し、4位入賞するなど活躍を見せた。
1980年から監督兼任となり、1982年日本リーグ(現プレミアリーグ)優勝。
1985年からタイ男子代表監督を1年間務める。
1986年地域リーグ・日新製鋼の選手兼任監督となり創部5年でチームを日本リーグに昇格させた。
1991年現役引退し監督専任となった。
1997年、Vリーグ女子・東洋紡オーキスの監督に就任。

関連商品