生年月日データベース

大山加奈おおやまかな

元バレーボール選手、解説者[日本]

1984年 6月19日 生 (満36歳)

 - ウィキペディアより引用

大山 加奈(おおやま かな、女性、1984年6月19日 - )は、日本の元バレーボール選手。
引退後は、東レでの勤務を経て、スポーツ解説者、またバレーボールの普及・発展に向けて幅広く活動中。
ニックネームはカナ、パワフル・カナ。
小学校2年生よりひまわりバレーボールクラブでバレーボールを始めた。
小学生時代は喘息の発作に襲われる日々であったが、ハンデをバレーボールに打ち込むことで克服した。
6年生時で身長が175cmあり、全日本バレーボール小学生大会(ライオンカップ)で全国制覇を成し遂げた事によって、バレーの金の卵と注目される存在になった。
成徳学園中学に進学。
成徳学園高校(現・下北沢成徳高校)では、主将としてインターハイ・国体・春高バレーの3冠を達成し、小中高全ての年代で全国制覇を経験した。
2001年に全日本代表に初選出され、翌2002年5月の日米対抗で代表デビュー。
世界選手権と釜山アジア大会では、ただ1人の高校生プレーヤーとして出場を果たした。
2003年、東レ・アローズに入団。
高校・東レの同期には荒木絵里香がいる。
同年開催のワールドカップでは栗原恵と共に『メグカナ』と呼ばれ、「19才コンビ」として注目を浴び大活躍を果たす。

関連商品