生年月日データベース

快川紹喜かいせんじょうき

侶・臨済宗、甲斐恵林寺住職[日本]

(信長の武田征伐の際に、恵林寺の山門に閉じ込められ焼討ちされる、文亀2年生)

1502年

(ユリウス暦) 1582年 4月25日 死去焼死享年81歳
快川紹喜の辞世
安禅不必須山水 滅却心頭火自涼
 - ウィキペディアより引用

快川 紹喜(かいせん じょうき、1502年〈文亀2年〉 - 1582年4月25日〈天正10年4月3日〉)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての臨済宗妙心寺派の僧。
諱(いみな)は紹喜(じょうき)。
字は快川。

関連商品