生年月日データベース

高橋悦史たかはしえつし

俳優[日本]

1935年 8月2日

1996年 5月19日 死去膵臓がん享年62歳

高橋 悦史(たかはし えつし、1935年8月2日 - 1996年5月19日)は大阪府岸和田市宮本町生まれの俳優で、元は声優。
来歴・人物 宮大工の息子として生まれ、大阪府立岸和田高等学校から、1954年立教大学文学部英米文学科に入学(野際陽子は同学科の同期であり、長嶋茂雄も立教大の同期)。
在学中から演劇に関わり、演出も手がける。
1958年大学卒業後、NHK俳優養成所に入る。
1960年卒業と同時にNHKと契約し、声優としてデビューする。
1964年、本格的に新劇俳優を目指し、文学座付属演劇研究所に入り、卒業後、文学座研究生となる。
1964年、NET『徳川家康』にテレビ初出演。
1965年には、吉永小百合主演の日活映画、『私、違っているかしら』に出演し、映画デビューを果たす。
1967年、岡本喜八監督の『日本のいちばん長い日』の青年将校役に抜擢され、注目を浴びる。
以後、岡本監督の作品に立て続けに出演し、性格俳優として欠くべからざる存在となる。
特に、『日本の首領』、『戦争と人間』、『金環蝕』、『青春の門自立篇』、『皇帝のいない八月』などの大作映画には重要な役どころで出演した。

関連商品