生年月日データベース

小椋佳おぐらけい

歌手[日本]

1944年 1月18日 生 (満80歳)

小椋 佳(おぐら けい、1944年〈昭和19年〉1月18日 - )は、日本のシンガーソングライター、作詞家、作曲家。
本名・神田 紘爾(かんだ こうじ)。
1971年に歌手としてデビュー。
当初はフォークソングあるいはニューミュージックに分類されていたが、次第にジャンルを広げていった。
銀行員としてエリートコースを歩む一方、デビューから20年以上もの間、ほとんど表舞台に出ないアーティストとして活躍する。
1993年、銀行を退職すると、音楽活動の一方で再び母校の東京大学法学部に学士入学し、1995年に法学部第3類(政治コース)を卒業。
さらに東京大学文学部思想文化学科とその大学院(人文社会系研究科の思想文化コース)でも学び、2000年に修士号を取得した(哲学専攻)。
他の歌手への提供曲も多く、のべ300人以上の歌手に楽曲を提供している(2023年1月時点)。
1975年の「シクラメンのかほり」(歌:布施明)は第17回日本レコード大賞などを受賞した。
その他、「俺たちの旅」・「時」・「俺たちの祭」(歌:中村雅俊)、「愛燦燦」(歌:美空ひばり)、「夢芝居」(歌:梅沢富美男)、「十六夜だより」(歌:三橋美智也)などがある。
作詞のみを担当した曲としては「憧れ遊び」、「愛しき日々」、「遥かな轍」(作曲・歌:堀内孝雄)、「山河」(作曲:堀内孝雄、歌:五木ひろし)、「白い一日」(作曲・歌:井上陽水)がある。
作曲のみを担当した曲では「匠」(歌:三橋 ……

小椋佳さんが誕生してから、80年と153日が経過しました。(29373日)