生年月日データベース

西郷従道さいごうつぐみち

薩摩藩士政治家、元帥海軍大将、侯爵[日本]

(天保14年5月4日生)

1843年 6月1日

1902年 7月18日 死去享年60歳
西郷従道 - ウィキペディアより引用

西郷 従道(さいごう じゅうどう / つぐみち、旧字体: 西鄕 從道󠄁、1843年6月1日(天保14年5月4日) - 1902年(明治35年)7月18日)は、日本の政治家。
最終階級は元帥海軍大将、陸軍中将。
栄典は従一位大勲位功二級侯爵。
名前は「つぐみち」だが、西郷家では「じゅうどう」が正訓となっている。
兄の西郷隆盛が「大西郷」と称されるのに対し、従道は「小西郷」と呼ばれている。
文部卿(第3代)、陸軍卿(第3代)、農商務卿(第2代)、元老、海軍大臣(初・4代)、内務大臣(第2・14代)、貴族院議員を歴任した。

推定関連画像

西郷従道さんが誕生してから、180年と275日が経過しました。(66020日)
亡くなってから、121年と229日が経ちました。(44424日)
21596日間 生きました。