生年月日データベース

イマヌエル・カントImmanuel Kant

哲学者[ドイツ]

1724年 4月22日

1804年 2月12日 死去享年81歳
イマヌエル・カントの名言
互いに自由を妨げない範囲において、 我が自由を拡張すること、これが自由の法則である。
 - ウィキペディアより引用

イマヌエル・カント(Immanuel Kantドイツ語: [ɪˈmaːnu̯eːl ˈkant, -nu̯ɛl -]、1724年4月22日 - 1804年2月12日)は、プロイセン王国(ドイツ)の哲学者であり、ケーニヒスベルク大学の哲学教授である。
『純粋理性批判』、『実践理性批判』、『判断力批判』の三批判書を発表し、批判哲学を提唱して、認識論における、いわゆる「コペルニクス的転回」をもたらした。