生年月日データベース

アルトゥル・ショーペンハウアーArthur Schopenhauer

哲学者[ドイツ]

1788年 2月22日

1860年 9月21日 死去享年73歳
アルトゥル・ショーペンハウアーの名言
よい文章を書くための第一の法則は、いうべき内容を持つことである。実際のところ、それだけでほとんど十分なのだ。
The first rule for a good style is to have something to say; in fact, this in itself is almost enough.
アルトゥル・ショーペンハウアー - ウィキペディアより引用

アルトゥル・ショーペンハウアー(Arthur Schopenhauer、ショーペンハウエル、ショウペンハウエルとも)1788年2月22日 - 1860年9月21日)は、ドイツの哲学者。
主著は『意志と表象としての世界』(Die Welt als Wille und Vorstellung 1819年)。
仏教精神そのものといえる思想と、インド哲学の精髄を明晰に語り尽くした思想家であり、その哲学は多くの哲学者、芸術家、作家に重要な影響を与え、生の哲学、実存主義の先駆と見ることもできる。
フリードリヒ・ニーチェへの影響は有名であるが、その他にもリヒャルト・ワーグナー、ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン、エルヴィン・シュレーディンガー、アルベルト・アインシュタイン、ジークムント・フロイト、オットー・ランク、カール・グスタフ・ユング、ジョーゼフ・キャンベル、レフ・トルストイ、トーマス・マン、ホルヘ・ルイス・ボルヘスなど様々な学者、思想家、文筆家に影響を与え、その哲学は現代思想においても受け継がれている。

関連書籍